【まとめ】安室奈美恵2020年東京五輪で復帰説?演歌で復帰?色々な噂をまとめてみた!

      2019/01/18

『平成の歌姫』といえば…みなさんは誰を思い浮かべますか?

私は間違いなく安室奈美恵さんです。2018年9月に惜しまれながらも引退した安室奈美恵さん。

安室ちゃんの今後の幸せを祈りつつも、どこかで『復帰して欲しいなぁ』と祈ってしまう人も多いハズ!

調べてみると、安室奈美恵さんの復帰にまつわる様々な噂がありました!

早速まとめてみました!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

そもそもなぜ安室奈美恵『復帰説』が出回っているのか

安室奈美恵が引退前に残した言葉『勢いで引退と言ってしまった』

安室奈美恵さんに近い音楽関係者の中でこんなうわさが流れています。

2017年9月、世間に引退発表をしたものの、後になって『勢いで引退と言ってしまった』とまるで後悔をにじませるような発言をしていたというのです。

音楽活動に未練があるとすれば、今後の復帰も十分に考えられますよね。

 

 

 

 

日本での復帰や活動を見越してLAのコンドミニアム購入をキャンセル?

安室奈美恵さんの引退後の動向はファンの注目するところでもありましたね!

何をするんだろう、どこに住むんだろう!

有力な説では京都の豪邸を購入したという噂もありますが、一方でこのような話もあります。

 

「『クイーン・オブ・ポップ』といわれる米歌手、ケイティ・ペリーにあこがれて、ロサンゼルスでコンドミニアムを探していた。契約寸前で、キャンセルしたと聞いている」(芸能関係者)

(引用 livedoorNEWS

当初は日本国外に住もうとしていたということですよね。

では、なぜロサンゼルスをキャンセルして日本に物件を購入したのでしょうか。

その理由こそが、今後も日本での活動を予定しているからだと言うのです!

『安室奈美恵』の名前の今後の今後のビジョンがあるからこそ、ということでしょうか。

なお、アパレルでのブランドの立ち上げはすでにかなりの有力説となっています。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

安室奈美恵復帰説!復帰のタイミングは?

2020年東京オリンピックで安室奈美恵テーマソング?

復帰のタイミングとして早速上がっているのが2020年の東京オリンピックでの復帰説です。

2016年リオデジャネイロオリンピックでテーマ曲となった『hero』は紅白歌合戦でも披露され好評な曲でもありました。

歴史的瞬間を迎える東京五輪では幅広い層に支持されるアーティストである必要がありますし、もし決まれば復帰のニュースも相まってお祭り騒ぎになること間違いなしです。

しかしこれはあくまで管理人の個人的な感想ですが、引退から復帰までの期間があまりに短いことと、オリンピックのテーマ曲の選考はそれはもう早い段階から始まると思いますので、もしノミネートするのであれば今くらいには曲を作っていないと間に合わないはず。

引退理由として『やりきった』と発言していた安室奈美恵さんの様子を見るに、今の心境としては音楽への情熱はそこまで燃え上がっていないのではないかと思います。

また、『復帰はない』との発言もあったことからこんなに早く復帰してしまったらファンからの心象も良くないですね。『引退商法』なんて言われる可能性もあります(笑)。

 

2020年の東京五輪での復帰の可能性は低いかと思います。

 

 

再デビュー!50代になって演歌で復帰?

今すぐの復帰はなくても先で復帰するのでは?という説もあります。

2018年の9月16日、自身が41歳の時に引退された安室奈美恵さん。

あれだけ大々的に引退イベントを行なったので本人のプライドとしてもすぐの復帰はないにしても、一定期間芸能界から離れることによって音楽へのモチベーションが上がり、戻ってくるのではないかという説です。

「そう言えば、今回の引退で、10年ぐらい前に安室が『50歳で“再デビュー”したい』と、周囲に語ったことがあらためて取り沙汰されているんですよ」と、同関係者。

(引用 Asagei plus

なんと!今までの安室奈美恵さんの復帰ではなく『再デビュー』!!

その発想はなかったですね!

あくまでも冗談半分だった可能性もありますが、『いつか演歌歌手として一からデビューしたい』とも具体的に話していたそうですから、引退後気が向いたら・・・あり得るかもしれませんね!

 

50歳というと今から9年後、2027年。

もし復帰となれば紅白歌合戦への出場も堅いでしょうし、なにより、安室奈美恵さんの演歌!聴いてみたいです!

 

 

 

 

管理人の所感

とにもかくにも、『まだまだ安室奈美恵さんの活躍が見たかった』というのがファンの本心でしょう。

それゆえにこれからも願望や祈りも込めて様々な復帰説が上がると思います。

また最新情報を更新したいと思います。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 - エンタメ