【速報】北海道地震被害!停電、津波、土砂崩れ、交通情報【まとめ】

   

9月6日、北海道で大規模な地震が発生しました。

これからしばらくは余震が続くとのことです。

みなさんくれぐれもお気をつけください。

まずは身の回りの安全を確保してください。

 

現時点で、未だ被害の全貌が明らかになっていません。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

9月6日北海道地震の概要

発生日時:

2018年9月6日午前3時8分

地震の規模:

震度6強(マグニチュード6.7)

震源の深さは約37キロ

 

※震度7の可能性もあり。現在気象庁が調査中とみられる。

今後1週間程度余震の危険性あり。(最大で6強程度の地震が発生する可能性あり)

 

地震発生原因

内陸の断層がずれて発生。

(海溝がずれて発生したものではない)。

気象庁発表。

 

『極めて強い揺れ』1796ガルの加速度を記録

防災科学技術研究所(茨城県)が設置する安平町の地表の観測点で、極めて強い揺れを示す1796ガルの加速度を記録。

 

 

 

北海道地震被害状況

停電

道内全戸(295万戸)で停電。

道内全ての火力発電所が停止。

復旧の目処立たず。

厚真町の苫東厚真発電所(石炭火力)に大きな被害が出てダウンしたため、電力の需要バランスが崩れ、他の火力発電所などが連鎖的にストップ。

北電は水力発電所を立ち上げ供給の再開を急いでいるが、復旧の目処は立っていない。

 

 

なお、津波の心配はなし。

 

交通網

JR北海道:6日の始発から全線運休。

復旧の目処は立たず。

札幌市営地下鉄:停電の為、始発から運転見合せ

 

 

土砂崩れ

厚真町で19人行方不明

 

原発

北海道電力柏原発(北海道柏村)の外部電力が喪失。非常用ディーゼル発電機によって、使用済み核燃料の冷却は継続。現在までに異常は確認されていない。

ディーゼル発電機の燃料は少なくとも7日分は確保されている。

 

液状化現象

札幌市で液状化現象発生。

道路のアスファルトが大きくへこみ、所々で道路から濁った水が溢れている状況。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

今後の対応

自衛隊派遣が決定

 - トレンド