お酒を飲むと体が痛い!急性アルコール筋症かも?

   

管理人ののらねこです。

みなさんは良くお酒を飲まれますか?

外で友人とわいわい賑やかに飲むのも楽しいですし、家でまったり家飲みもサイコーですよね!

そんな楽しいお酒のハズなのに、ふと気が付くと『ん?なんか体がいたいぞ?』と思うことありません?

あまり意識はしていませんが、痛みを伴うということは体の中で何か起こっていることは間違いありません!

気になったので調べてみました!

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

急性アルコール筋症に注意!

急性アルコール筋症の原因は?

アルコールの摂取によって筋繊維が破壊するために起こっています。

さらに過剰摂取によって、筋力低下や筋の萎縮も起こる可能性があります。

 

でも、筋トレなどで発生する筋肉痛とは全く別物です!要注意です!!

 

違いを簡単にまとめてみました。

 

【筋トレ】

トレーニングで傷つけた後の超回復によって筋が成長していく

 

【アルコール摂取】

アルコール分解にによってたんぱく質が合成できなくなったことが原因。アルコールによって筋繊維が破壊されることが原因。傷付いた筋肉は回復しない。逆に痩せる可能性もある。

まったく性質が違うのがお分かりでしょうか。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

さらに飲みすぎると『慢性アルコール筋症』になる可能性も!

長年、長期に渡ってアルコールを摂取し続けるとさらに悪影響が!

なんと、症状を感じにくくなるというのです。以前感じてた筋肉痛や筋力低下の感覚が少なくなってきます。

それこそが危険信号です。

筋力低下と筋の萎縮が慢性的に起きているから気付きにくくなっているだけで、確実に筋力は低下しています

毎回大量に飲むわけではなくても、細胞を成長させるホルモンの分泌に悪影響を与えているのは事実。

少量だとしても毎日飲み続けるのは危険なのでやめましょう!

危篤な例では心臓の筋肉も痩せてしまい、心不全となることもあるそうです。

 

 

 

急性アルコール筋症の予防法

良質なたんぱく質、プロテインの摂取

原因のところでも言いましたが、原因はアルコールを摂取することによってたんぱく質の合成量が阻害されることが原因です。

つまり良質なたんぱく質を摂取することによって破壊された筋肉の再生をスムーズに促してくれます。

『良質なたんぱく質』というこで一番オススメなのがプロテインです。

 

 

食事中に水分(水・スポーツドリンク)を摂取しよう

対策としては、アルコールを速やかに体外に排出することが第一です。

お酒を飲んでいるとき、水も一緒に飲むように心がけましょう。

これにより速やかな排出が促されますので、だいぶ症状が和らぎます。

これは翌日の急性アルコール筋症のつらい症状を軽減するためにも有効です。

目安として、アルコールと同様の量を飲みましょう

さらにスポーツドリンクの摂取でも効果的と言われています。

 

 

 

まとめ

今まで不思議だな~と思いながら過ごして来ましたが、確かにお酒を飲むことで体が痛いって普通に考えたらおかしいですよね!

アルコール中毒のように大きな症状が出るわけではないので見過ごしがちではありますが、日々、お酒を飲むときに少し気をつけるだけで体への負担も変わります。

ぜひ皆さんもお水をしっかり飲んで楽しい飲み会にしてくださいね!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 - 生活