【M-1】とろサーモン久保田らの上沼恵美子への暴言、擁護派の意見をまとめてみた

   

大問題まで発展しているM-1の芸人暴言問題。

暴言を吐いた、とろサーモン久保田かずのぶさん、スーパーマラドーナ武智さん。

そして被害者の上沼恵美子さん。

本来だと登場人物はこの3人だけのはずなのですが、今回は何と言ってもお笑い界でも影響の大きい『M-1』のイベントがきっかけだったことから、松本人志さんや今田耕司さん、オール巨人さんをはじめ、それはもうたくさんの芸人、芸能人の人がコメントしています。

まさに、芸能界を揺るがす大事件に発展しています。

今回のとろサーモン久保田さん、スーパーマラドーナ武智さんの発言については謝罪するべき内容であることは間違いないのですが、一方で、二人が言いたいこともわかる、という擁護派もいます。

 

今回の暴言騒動の擁護派の意見をまとめてみました。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

上沼恵美子の審査員としての判断は本当に正しかったのか?擁護する意見

M-1の放送を見ていた他の芸人も『好き』かどうかで判断する上沼恵美子に疑問

M-1は漫才をする芸人にとっては憧れの舞台であり、多くの芸人が当日の生放送を見ていたことでしょう。

実際、当日の上沼恵美子さんの審査のコメントに関して疑問を抱いた方もいたようです。

特にそのきっかけになったのはミキの二人の審査の時でしょう。

『ミキのこと好きやわ~』と。

それで良い点数を付けたというのですね。

 

ここに関しては一般の視聴者も疑問に思った人が多かったようです。

ツイッターなどで擁護する意見がありましたね。

実は私もその放送を見ており、『え?好き嫌いで判断するの?』と思った一人です。

まあ、上沼恵美子さんらしいと言えばそうなのですが・・・。

 

そしてその後に他の芸人が出てもやはり好ききらいで判断していたのです。

『ミキより好き』とその場で笑いを取っていましたが、いえいえ!そういう場ではないですよね。

 

好みではなく、「構成」とか「技術」とか、なにか審査の基準はないのかなと疑問に思った方も多かったのではないでしょうか。

 

 

 

 

上沼恵美子と松本人志の点差に不信感?正しく審査できているのか?

さらに、芸人たちが不信感を抱いた理由として、松本人志さんと上沼恵美子さんの点数の差があったことがあげられるようです。

実は松本人志さんはミキに対してはあまり良い点数を付けていませんでした。

10組中、6番目の点数、88点しかつけなかったのです(上沼恵美子さんは98点)。

松本人志さんと言えば、芸人たちの中ではまさにレジェンド的存在。

その松本さんとここまでの点差があるということは、上沼恵美子さんは審査員としてちゃんと審査する能力がないのではないか、贔屓をして、自分の好き嫌いで点数を付けているのではないかと思ってしまったわけです。

 

 

スーパーマラドーナ武智、炎上騒動を笑いに!「やっぱり面白い」

炎上騒動の直後、寄席で笑いに変えた武智

今回の騒動が炎上している真っただ中の11月7日、大阪のなんばグランド花月で寄席興行に出演したスーパーマラドーナの武智さん。

騒動の渦中にも関わらず今回の騒動をネタにした笑いを取ったというのです。

ここまでの騒動になっていたら普通は舞台に立ちにくいですし、その話題にも触れにくいというもの。

しかし武智さんは冒頭に謝罪したあと、

『今から僕は(漫才のネタで)相方を怒りますけど、僕は後から本当に怒られます』

とネタに(笑)!

会場は笑いに包まれたと言います。

 

 

 

 

管理人の所感

今回の騒動は犯罪を犯したわけではありません。

そしてとろサーモン久保田さんもスーパーマラドーナの武智さんも実力のある芸人さんなのは確かです。

しかし発言の内容があまりにもモラルに欠けていました。

擁護している人は審査の部分については擁護していますが、発言の内容や方法については擁護している人はいませんね。

まずはしっかり反省して今後また堂々とテレビや公の場で漫才ができるように一から頑張ってほしいと思います!

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 - エンタメ