テレ朝「モーニングショー」で捏造疑惑!取材を受けた東大生が訴える「俺そんなこと言ってない!」

   

近年、テレビ番組のヤラセやねつ造の問題が後を絶ちません。

今回発覚したのはテレビ朝日放送の「羽鳥慎一のモーニングショー」です。

取材を受けた東京大学の学生が訴えています。

テレビ業界のモラルはどこに行ってしまったのでしょうか。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

捏造疑惑の経緯

インタビュー内容とは違うニュアンスに編集して放送

問題となったのは2019年3月13日で放送された「羽鳥慎一モーニングショー」の中でのワンコーナーでの出来事です。

テレビ局側からの取材を受けた一人の東京大学の学生が勇気をもって声を上げました。

それによると、どうやらテレビ朝日側は「今の東大生は官僚になりたがらない」という前提のもと取材をしたようで、学生側はそれとは違う内容を発言したのにも関わらず、あくまでも当初の「前提」に聞こえるように放送したというのです!

テレビ局としてはなんとかネタになる話題はないか、という思いでの取材だと思いますが、これはあまりにもヒドイですね!

 

 

モーニングショー内での会話の流れ

テレビ局が最終的に作り上げた内容を簡単にまとめました。

・官僚は給料が安いが、外資系は年収数千万⇒官僚なんかになりたくない

・官僚は仕事量が多いだけで儲からない⇒官僚なんかなりたくない

・一度外資系で就職してから起業する傾向にある⇒まずは外資系に就職

・弁護士も飽和状態で儲からない⇒稼げる外資系に就職したい

 

 

内容を簡単にまとめるとこのような感じでした。

つまり、テレビ局側が主張したいのは(結論として持っていきたいのは)、

今の若者は

・お金にならないことには価値を感じない

・大変な仕事はしたくない

 

というところでしょう。

この前提に基づいて放送をしたい。

そして、その中でも日本最高峰の学生の『生の声』を聞きたいと思って取材したのだと思います。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

取材を受けた東大生の主張

実際この東大生は、自身のツイッターでこのように発言しています。

 

俺こんなこと言ってない

外資系とか勝手に相手が「外資系どう思いますか?」「やっぱ外資系って魅力的ですよね?」みたいに持ち出してきただけだし、メディアはマジでクソだな

引用 ツイッター

 

つまり、誘導尋問をしたということですね。

テレビ局としては自分たちが作りたいように作れたからいいかもしれませんが、放送された学生としてはたまったもんじゃないですよね!

顔も名前も出ている・・・これから就職活動も控えています。

 

 

 

テレビ局が一番若者をバカにしている!

皆さんはこれを聴いてどう思いましたか?

よく考えるとこれってとても失礼じゃないですか?

「ゆとり世代」とか「さとり世代」なんて言葉も飛び交ったせいか、なぜか最近の若者に対してのネガティブな意見が目立ちますよね!

でも中にはそうじゃない学生もたくさんいるはずですし、むしろマスコミがこんな偏った思い込み&前提ありきな放送をするからそんなイメージが定着するのではないでしょうか(怒)!

 

 

 

管理人の所感

以前バラエティー番組で出川哲郎さんが『編集の暴力』という言葉を使っていて、その時は笑ったんですけど、今回もまさにそうだな、と思いました。

編集をすることによって都合の良い部分だけ切り取って、自分たちにとって都合のいいように仕上げる・・・。

今までのマスコミもこのようなことを繰り返してきていたのでしょう。

今は時代的にネットが普及して今回のように個人が意見を発することができるようになったから今回のことも発覚しましたが、なんともひどい話です。

テレビ局としてもモラルを今一度見つめなおしていただきたいですね!

 

 

スポンサードリンク

 

 

 - ニュース