小倉智昭、膀胱がんで全摘出へ!手術の為の長期休養も【とくダネ】

      2018/11/14

フリーキャスターの小倉智昭さんが、本日『とくダネ』にて、膀胱癌の為、膀胱を全摘出することを発表しました。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

小倉智昭の癌(がん)は全摘出しないといけないの?

小倉智昭、膀胱全摘出を避けるべく治療して来たが医師の判断により決断

兼ねてからこの病と闘っていた小倉智昭さん。

当時から、摘出しないことには根治にはならないとは言われていたそうですが、摘出だけは避けたかった小倉智昭さん。

様々な自然療法を試されたそうです。

しかし、今年の夏頃から出血、頻尿などの症状に悩まされ、仕事中もヒヤヒヤしていたそうです。

テレビを観ている側として全く気付きませんでした。

プロとして、そこは番組に支障を与えたくないという気持ちが強かったのでしょうね。

 

 

膀胱全摘出後はどうなるのか?復帰の予定は?

小倉智昭さんはこれから1週間の休みを取り、これから1週間入院します。

これは手術をするわけではなく、膀胱がんの再発を調べる為の検査入院です。

今後は膀胱がんに代わるものを取り付けなければなりません。

ストマという人工肛門を体外につけるか、代用膀胱をつけるのか。

これに関しては医者の判断がとても重要になってくるそうで、そのためにこれからまずは1週間休みに入るそうです。

 

 

本格的な手術は11月下旬から

そして、本格的な膀胱摘出手術は、11月下旬から行う予定なのだそうです。

となると、年内の復帰はもしかしたら難しいかもしれませんね‼︎

また術後も1ヶ月〜3ヶ月は頻尿など、私生活にも影響が出るとも言われているようです。

無理をせず、まずはゆっくり治療に専念していただきたいですね‼︎

 

 

 

 

管理人の所管

ここまでの症状があるにもかかわらず、番組に穴を開けないプロ根性!本当にすごいと思います。

これから、検査入院、そして摘出手術に関わる大きな休暇に入られると思いますが、また元気な姿で登場することを心待ちにしています‼︎

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 - エンタメ