高梨沙羅の性格がヤバい!人気アスリートとは思えない言動!

      2018/06/01

みなさんこんにちわ。

のらねこです^^

 

近年、スポーツ選手ってタレントさん並みに人気ですよね

その人気の理由は実績はもちろんですが、

容姿が良かったり、バラエティ番組のトークが面白かったり、

色んな要素があります。

その中でもスキージャンプの高梨沙羅さんは

中学生の頃から有名だったこともあり、

国民的スポーツ選手として多くの人に愛されていますよね

まさに、好感度の高いアスリートといえるでしょう

 

ただ、この高梨沙良さん、一部では性格について疑問視している人がいるようです

早速調べてみました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

高梨沙羅プロフィール

(出典 Livedoor NEWS

よみ:たかなしさら

種目:女子日本スキージャンプ

2018年、平昌オリンピックで銅メダルを獲得。

 

高梨沙羅はもはやタレントか?過剰な特別扱いとは?

高梨沙羅だけ大学の卒業式で明らかに特別扱い?ずるいという声も

2018年3月、高梨沙羅さんは在籍していた日本大学を卒業しました

しかし高梨沙羅さんって、いつも遠征しているイメージですし、

実際、なかなか通えなかったそうですね。

通ってないのに卒業したことで、周囲からは色んな声が出ているそうです

 

「大学の教室に出向かなくても、授業を録画した映像を見てレポートを出せば単位が貰えるような形がとられていました。たとえば、日体大OGで平昌メダリストのスピードスケーター高木美帆や、現在3年生の体操日本代表の白井健三も、いちおう授業は受けていますから。事情を知る教員などから、“特別扱いにもほどがある”とか、“他学生に示しがつかない”などの批判が噴出しているのです」(同)

(引用 livedoor NEWS

 

大学を卒業するのって簡単なことではないですよね。

ちゃんと勉強して単位も取らないといけないわけですし・・・。

これは確かに、様々な意見が出るのは分かる気がしますね!

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

高梨沙羅の性格に難あり?周囲もドン引きの言動

高梨沙羅、高級車ベンツ購入で炎上!

高梨沙羅さんといえば容姿もかわいく、

好感度も高いことからCMなどの仕事を多く受けていました

その時に「メルセデス・ベンツ・マガジン」という雑誌の表紙になったんですね。

高級車ベンツの横に高梨沙羅さんが微笑んでいる写真なのですが、

これを見て驚いたのが、なんとこの車、高梨沙羅さんの愛車だったんですね!

噂によるとその価格、2000万を超えるとか・・・(汗)!!

 

ただ、この時期、高梨沙羅さんは調子が悪かったらしく、

個人戦に出ても4試合すべて優勝を逃していたそうです。

本人はこのモチベーションを上げるため、

ということで購入したそうですが、これにいて色んな意見が出てきたんですね。

 

①シーズン中に協議と関係のない取材依頼を受けることに問題はないのか

②競技選手であり、まだ学生でもあるのに高級品を持つのはまだ早いのではないか

 

競技に集中する大事な時期に、タレントのようなことをしている、

というところでも批判が出ているようですね。

 

 

高梨沙羅が天狗に?「肖像権」を主張し、葛西紀明も困惑!

上でも書いたように、高梨沙羅さんは雑誌の表紙を飾ったり、

ブランドのイベント等にも出ているそうなのですが、

ある「口癖」があり、それがファンの間で広がっているようですね。

 

ファンが写真を求めると、

「肖像権があるので」

と断るそうなのです!

 

え・・・?

普段はあんなにメディアに出ているのに・・・?

 

この言葉の後には当然撮影を断ります。

 

う~ん、なんだか意外な気がしますね。

 

ちなみに、断る理由は

以前、芸人のイモトアヤコさんに似ていると言われ

ネットで比較画像が出回ったことで

写真を撮られるのを警戒しているそうです

それだけなら気持ちがわからないこともないのですが、

こんな話もあります。

 

同じくスキージャンプのレジェンド、葛西紀明さんと一緒にいた際に、

ファンに写真をお願いされたそうです。

葛西さんは「いいですよ」と快諾されたそうですが、

 

高梨沙羅さんは「肖像権があるので」と立ち去ってしまったとか・・・!

 

キャリアもあり、競技者としても大先輩である

葛西さんが快く応じているのに、

この対応は正直疑問が残りますよね。

 

 

管理人の所感

今回、高梨沙羅さんのことを色々調べていると、

当初のイメージとは違うニュースが沢山ありました。

でも、アスリートってやっぱり意志が強い部分もあると思いますし、

競技から感じるプレシャーも一般人とは違いますよね。

 

感覚の違いについては私たちには何も言えないのかもしれません。

でも、写真くらいは応じていただけるとファンの人も喜ぶと思うんですけどね!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 - エンタメ