10年書き続けて気付いた!日記の書き方のコツをまとめてみました

      2018/04/26

こんにちわ^^

のらねこです。

私は大学生のころ日記を始めました。

それから実際に約10年間日記を書き続けました。

実際に長年日記を書いてみて気付いた、

日記の効果長続きする方法やってはいけないこと等をまとめてみました!

 

 

スポンサードリンク

 

 

日記は「三日坊主」になる理由はズバリこの3つ!

日記は毎日つける必要はない!

日記を始めて数日は大抵欠かさず書きます。

しかしこのご時世、急な飲み会が入ったり家族の急用に巻き込まれたり、

慌ただしく過ごしているうちに

「あっ・・・そう言えば昨日日記書いてない!」

となるわけです。

そうなると、「今まで欠かさず書いてきた」というのが

やる気を失う原因につながるんですね。

 

・こんなことも続けられない

・1日でも欠かしたら日記の意味がない

 

なーんて考えているとあっという間にやる気の火は消え、

日記をやめることになってしまいます。

日記は毎日書かなくてもいいんです!

それよりも長く続けることが大事です!

これはダイエットや受験勉強にも言えるかもしれませんね。

365日あったらうまくいかない日もあります。

自分に厳しくなりすぎないように気を付けましょう。

 

「特別なこと」を書こうと思わないで!

日記を書いていると数日でこんなことを思います。

「どうしよう・・・特に書くことがない」

そりゃそうです!そんなに毎日面白いこと、珍しいことなんて

起きません!!

間違えても「ネタ探し」はしないでくださいね!

芸能人のブログではないんですから、人に見せる必要もありません。

特に書くことがない日は書かなくて良いのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

キレイに書くことにこだわらない!

ひとつ前の項目にも関連しますが、

日記をつけていると最初は綺麗な字で丁寧に書くんです!

それこそ、女性だったらかわいいシールや綺麗なペンも用意したりして。

でも、そんなこと毎回やってられません!

時には仕事や家事で疲れ果て、日記を書きながらうとうとすることもあるかもしれません。

ミミズがはったような字になります(笑)。

そんなことを気にしてたら続きません。

「眠たいながらに書いた」ということも思い出の一つです。

完璧じゃない自分を認めてあげましょう。

 

10年書き続けて思う、日記の「目的」

過去の自分と未来の自分を大切にするために書く

例えば今あなたが失恋してとても落ち込んでいたとします。

次の恋愛ができる気もしないし、

そもそも自分には魅力がないのかな。

と落ち込んでいます。

そんな時に過去の日記を見返します。

恋をしていたころの日記。悲しさも思い出すかもしれませんが、

そこには人を好きになって、恋をして幸せな自分がいます。

誰かに愛されて幸せを感じている自分がいます。

価値のある自分を感じることができます。

過去の自分が未来にの自分を助けてくれるんです。

 

これだけはやるな!やり方を間違えると日記は「負の遺産」に!

日記はストレス発散(愚痴)に使ってはダメ!

自分がやってしまって一番反省したことはズバリこれ!

日記に愚痴を書いてしまったこと!

なかなか人には言えない愚痴ってありますよね?

私の場合、人にイライラをぶつけないために、自分の中で

処理しようと思って、それを日記にぶつけていたんですね・・・。

 

想像してみてください。

10年後、その愚痴日記を読んで得るものはありますか?

当時の苦しい環境まで思い出すかもしれません。

日記に残すのは愚痴以外の感情にしましょう。

 

長い文章の日記は後で読まない。あえて短く書くこと

これも自分が体験して思いましたが、

長くしたためた大作の日記は・・・

めんどくさくて読みません!

本屋で売られている本のように読み手が飽きないように工夫しているとか、

目次や見出しなどがあるのならともかく、

素人が書いたただただ長いだけの日記・・・

はっきり言って将来の自分が読むことはありません!

日記は短くていいです。

最初は張り切って沢山書きたくなります。

でも、短い方がいいです。

日記帳よりおすすめなのが手帳です。

手帳の種類によって、フリースペース欄があったり、

予定を書き込むスペースを一部日記欄に使用してもいいと思います。

日にちも書いてあるし、スペースが狭いので文章も自然と短くなります。

 

まとめ

いかがでしたか?

今まで日記を始めてもすぐ挫折してしまっていた、という方も

是非挑戦してみてください。

楽しい日記は数年後に読んだらすごく幸せな気分になれます!

あなたの「財産」にしてくださいね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 - 生活