ゴルフのプロテスト費用は100万円!?ゴルフでプロになる難しさを徹底検証!

      2018/04/22

みなさんこんにちわ!

のらねこです!

先日、スポーツ用品店をウロウロしていたら、ゴルフコーナーに遭遇しました^ ^

そういえばゴルフといえば、

近年では石川遼選手や松山英樹選手が活躍して、日本でも人気のスポーツですよね!

でも他のスポーツに比べて競技人口が少ない気がします。なぜだろう!

そんなわけで、ゴルフにまつわるあれこれを調べてみました!

すると、ゴルフとお金にまつわる驚きの事実が発覚しました!

 

 

スポンサードリンク

 

 

プロゴルファーになるにはお金がかかる

プロテスト費用100万円!

さっそく、日本プロゴルフ協会のホームページを調べてみました!

(女子は日本女子プロゴルフ協会を参考にしてください)

【男子のプロテスト】

プレ予選…59,400円

(受験料+書類審査料)

 

あら…安いじゃん??

 

と思ったら大間違いです(笑)!!

 

プレ予選を皮切りに、その後審査が進んで行きます。

その度に費用がかかるんですね!

 

一次プロテスト…113,400円(受験資格4,5級の場合)

二次プロテスト…167,400円(受験資格4級の場合)

最終プロテスト…221,400円(受験資格4,5級の場合)

 

なんと…!

合格して先に進めば進むほど、

その都度費用がかかってるんですね(汗)!!

 

試験会場のプレー代も自己負担

そして試験費用以外のその他の費用として、

ゴルフ場に支払うプレー代もかかります!

受験日当日や前日の指定練習日のプレー代に始まり、

どうしても宿泊になってしまうので連泊の宿泊費、現地に行くまでの交通費もかかります。ばかになりません…!

合計すると10万はゆうに超えますね!

この出費がプレ予選から最終プロテストまで続くわけですから、100万円を超えるのも納得ですね(汗)!

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

プロゴルファーの生活の実態

以前は稼げる職業だったプロゴルファー

プロゴルファーの「職場」といえばどこでしょうか。

そうです。トーナメントです!

賞金が選手の給料となるわけですが、このトーナメント自体が減っているのです。

ゴルフの歴史を調べてみたのですが

1980年代、青木功プロをはじめ、尾崎プロ、中嶋プロが活躍した時代に

バブルの影響もあり試合数も急増したみたいですね!

プロゴルファーに憧れる若者が増えたのもこのころかも

しれませんね!

 

バブル崩壊後、トーナメント数が増えず・・・

しかし、今ではその頃の勢いもありません。

石川遼選手らが現れてまたブームが再熱しましたが、

彼らが米ツアーに参加して日本を空けることが多かったことから

国内ツアーの経済効果が薄いと思った企業が離れたようです!

そうやってどんどんプロゴルファーの職場である

「トーナメント」が減ってきたんですね。

 

まとめ

金銭的にも精神的にもハードルが高いスポーツ

このようなことから、ゴルフでプロを目指すのは相当な覚悟が必要なようです!!

上にも書いたプロ試験では年間50人のプロが誕生しているわけです。

でも、プロ選手に定年があるわけではないので

必然的に毎年「プロ」の人数は増加しているということになります!

実力も上げていかいないといけない中で、

資金面でもプレッシャーになることも多いと思います。

これからプロを目指す人はとても大きな覚悟が必要なのかも

しれませんね!

 

 

スポンサードリンク

 

 - 未分類