松居一代の奇行の原因と病名は?『統合失調症』?『退行期パラノイア』か?

      2019/01/28

『退行期パラノイア』って聞いたことありますか?

今日は松居一代さんのお話。

元夫の船越英一郎さんから告訴されているという話題はニュースになりました。

なぜここまでの問題に発展してしまったのでしょうか。

そこには、「松居一代さんは病気なのではないか」という専門家も多くいるようです。

早速調べてみました!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

松居一代プロフィール

よみ:まついかずよ

生年月日:1957年6月25日

職業:タレント、女優、エッセイスト

所属:松居一代事務所

配偶者:船越英一郎(2017年12月に離婚成立)

 

松居一代劇場のまとめ

YouTubeで大暴露!夫婦感の秘め事まで世間に公開・・・

そもそもの騒動の原因は船越英一郎さんにありました。

船越英一郎さんが不倫したというのです。

それを知った松居一代さんが大激怒

そこまでは良かったのですが、ここからがいけませんでした。

なんと、夫婦間の秘密ごとや恨み言をYouTubeで大暴露

大きな騒動となりました。

2018年5月には船越英一郎さんが所属するホリプロと和解しましたが、

5月23日に状況が一変しました。

 

しかし、23日夜のブログでは急転直下、「家族のみなさんへ緊急報告」と題し、約1年ぶりにYouTubeで動画を公開したことを報告。

厳かな様子で

「至急にご報告をしないといけないことが生じました…。よって、仕方なく、YouTubeを、アップさせていただきます」

と切り出すと、ホリプロとの和解2日後の5月18日、代理人の弁護士から、元夫の船越さんが名誉棄損で刑事告訴している、という連絡を受けたことを明かし、翌24日に警察署に出頭し、取り調べを受ける旨を涙ながらに語った。

(引用 @niftyニュース

 

取り調べに向かう様もテレビで放映されていますが、

満面の笑みがなんだかこわい・・・。

 

そんな中、松居一代さんは何かの病気なのではないかという

心配の声も上がっています。

その中で「退行期パラノイアではないか?」という専門家もいます。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

松居一代は病気なのか?「退行期パラノイア」ってどんな病気?

「退行期パラノイア」の特徴

 

偏執病(へんしゅうびょう、偏執症)、パラノイアparanoia)は、 不安恐怖の影響を強く受けており、他人が常に自分を批判しているという妄想を抱くものを指す[1]妄想性パーソナリティ障害の一種。

自らを特殊な人間であると信じたり、隣人に攻撃を受けている、などといった異常な妄想に囚われるが、強い妄想を抱いている、という点以外では人格や職業能力面において常人と変わらない点が特徴。

(引用 wikipedia

 

「偏執病」・・・。

確かに、松居一代さんも一方的な想いが大きいように思えますね。

 

 

退行期パラノイアになりやすいのは、

(1)きわめて活動的で、自我意識が強く、自己中心的な性格

もしくは、

(2)敏感で猜疑的な性格

の持ち主で、男性的な女性である。

これまでの報道から、松居さんは(1)と(2)の性格傾向をいずれも兼ね備えているように見える。また、家政婦のミスに怒って怒鳴り散らしたため、家政婦が次々に辞めていったという話を聞くと、気性の激しさでは男性にひけをとらない女性でもあるように見受けられる

退行期パラノイアはきちんと治療すれば治る病気である。第一、夜まったく電気を使わず、真っ暗ななかで生活していたら、誰だって不安が一層強くなり、孤独感にさいなまれるだろうから、一刻も早く治療を受けることをお勧めする。

(引用 Business Journal

確かに多くの報道を見ていると、

松居一代さんの近くに、この暴走を止める人はいないのかな、

と疑問に思います。

しかし、きっと松居一代さんは人に弱みを見せられないタイプなんでしょうね。

それが妄想につながっていったのかもしれませんね。

 

管理人の所感

そもそもの原因は船越英一郎さんの不倫だったということで、

最初は松居一代さんを責める人はいませんでした。

ところが、途中から「こんな怖い奥さんだったら浮気するわ」という

意見も聞かれるようになりました。

松居一代さんの苦しい気持ちも分かりますから

一度素直になって受け入れてほしいものですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 - エンタメ