【体操パワハラ】訴えた人にも問題あり?宮川紗江選手が擁護されない理由とは?

      2018/09/05

連日にわたり、日本体操協会のパワハラ問題が報道されていますね。

19歳の宮川紗江選手が勇気をもってパワハラを告発したのにも関わらず、塚原夫妻の自分たちを擁護する発言ばかりでげんなりしてしまいますね。

しかし、一方では、まだ全貌が明らかになっていない状態で宮川紗江選手の言い分を全部信じるのも危険だという声もあるんです。

宮川紗江選手の意見を擁護できない派の意見をまとめてみました。

 

↓↓↓こちらの記事も読まれています↓↓↓

【関連記事 【体操】宮川紗江選手、スポンサーのレインボーを契約解除されていた?【どっちが悪いんかわからん】

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

宮川紗江選手の発言は真実?宮川選手の発言を信じたくなる理由

今回の体操パワハラ問題はまだ何も明らかになっていない

まず前提の話として、宮川紗江選手の発言が真実かどうかというのはまだわかりません。

まだなにも明らかになっていないのが現実です。

宮川紗江選手の言い分が真実なのか、塚原夫妻の言い分が真実なのか。

それとも、両方とも違うのか。

 

我々は本来、それを冷静な目で見て判断しなくてはいけません。

 

しかし、現時点で国民の多くは塚原夫妻より宮川紗江選手の味方であることは間違いないでしょう。

そのためにこれから第三者委員会が立ち上がって調査するわけですからね!

でも、なぜここまで宮川紗江選手を擁護する人が多いのでしょうか。

 

塚原千恵子氏の肩書や過去の『ボイコット事件』が反発を招いている

日本人の特性かもしれませんが、成功している人、権力を持っている人が陥落する姿を望む傾向はありますね。

今回の構図としては

19歳の女子選手 VS 女帝と呼ばれる権力を握ったボス

ということで、どう考えても宮川紗江選手に軍配が上がると思います。

 

また塚原夫妻は過去にも自分が所属するチームの選手に高得点を入れさせるなどの卑劣な行為を行っていたりもしますから、このように疑いがかかるのかもしれません。

 

でも何度も言いますが、外見や肩書だけで本来判断してはいけないんですけどね!

 

 

宮川紗江選手に対しての否定的な意見

それではここで、宮川紗江選手に対しての否定的な意見はどんなものか調べてみました。

宮川選手は周りの大人に洗脳されている?

インターネットを見るとよく見かけるキーワードとして『宮川紗江選手はコーチに洗脳されている?』という記事をよく見かけます。

手を挙げられても速水コーチについていくという部分でこのように判断されているのかもしれませんね。

 

 

宮川紗江選手の会見を見て、周りの大人の意見に流されている印象がある

私も会見を見て思ったのですが、19歳にしてはまあしっかりしていますよね!

受け答えもですが、なんか堂々としている。

日本体操協会を敵に回すということは自分の選手生命にかかわるとっても大きな事案なのにも関わず、まるで世間が味方についてくれることがわかっているような・・・勝ちを確信したような堂々としたふるまいです。

これは後ろに頭の良い大人がいることは間違いないですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

宮川紗江選手の母親が出てきたことで否定的な意見も・・・

宮川紗江選手の母親がフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」の取材に応じたことで、少し否定的な意見が出ているようですね。

母親も暴力をした速水コーチのことをゆるしていることに引っかかっている人もいるようです。

 

また、今回、母親としては、今回体操界のパワハラを勇気を持って暴露したいという宮川紗江選手のことを応援したいという一心なのだと思いますが、

 

体操協会への期待を問われると「今の状態では何も期待はないです。新体制になってもらわないと無理だと思います。あのお2人がいる限り」と塚原光男副会長(70)と妻の千恵子本部長が君臨する体制に疑問を投げかけていた。

(引用 スポーツ報知

このような発言をしたこともあり、ネットには様々な声が寄せられています。

 

「(親が)余計なことを言うな。これに尽きる」

「母親が口を出すなよ」

「子供を暴力にさらして守らなかった人は出てこない方がいいよ」

「こうやって親が出てくると、単に協会内の権力争いに使われてる感じなのかな、と思えてくる」

「信頼してたら暴力はいいの?これ許したらまたおかしなことになるわ」

 

しかし、母親を擁護する声もあります。

「まだ未成年だぞ。親が出てきて当たり前だ」

「本人は未成年だし、母ちゃんが会見する予定だったんだな」

 

などなど。

 

今後の体操界のことを思っても、当事者がいいからと言って暴力問題を大きく考えないようにするのはおかしいという意見ですね。

 

 

管理人の所感

いろんな意見がありますが、まずは事実関係をしっかり調査して欲しいところですね。

そして「選手ファースト」という言葉通り、選手が競技に集中できる環境を整えてほしい、というのが一番の願いです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 - スポーツ