体操協会の塚原夫婦の主張が完全にヤクザw【完全パワハラ】

   

体操協会のパワハラ事件の真相が徐々に明らかになってきていますね。

パワハラ被害者の宮川紗江選手が会見で自らの言葉で語ったのが大きかったですね!

しかも宮川紗江選手がパワハラで訴えたのはコーチの速水佑斗さんではなく、日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長だったことでさらに事態は加熱!

今回は宮川紗江選手が会見で暴露したことも含め、渦中の塚原強化本部長と、その夫塚原光男日本体操協会副会長のブラックパワハラ発言をまとめてみました!

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

塚原千恵子強化部長の発言

『宗教みたいだ』塚原千恵子強化部長のパワハラ発言

宮川紗江選手の会見を紐解くと、速水コーチの暴力の事実は認めました。

ただ、暴力は認めたものの、そこにパワハラの事実はなく、今後も変わらず家族と速水コーチの元で指導を受けたい、というのが宮川紗江選手の主張でした。

しかし、この主張に対しての塚原千恵子女子強化部長の発言がおどろきなんです!

『家族でどうかしている。宗教みたいだ』

と終始子高圧的な態度で言われたと言います。

信じられません!

 

 

塚原光男日本体操協会副会長の発言

宮川紗江選手を『嘘つき』呼ばわり

一番腹が立つのがこれですね。

「彼女がなぜあんなウソをつくのかわからない」

しかし、どこがどうウソだったかの解説はなく、ただただ宮川紗江選手が嘘つきということで逃げたのです。

そもそも『ウソ』と認定できるほどの調査をしたのでしょうか。

うかがわしいものです・・・。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

塚原夫妻に呼び出され言われた発言

 

塚原夫妻はそれぞれ権力を持っていますね。

個々に言われるだけでも精神的にかなり追いつめられると思いますが、なんと夫妻に呼び出されたそうなんです!

コワイわ・・・

そして言われます。

『あのコーチはダメ。伸びないのはコーチのせい。私なら速水の100倍は教えられる』

 

本当かよ・・・。

 

しかし、どのスポーツに関しても、選手とコーチは相性が大切ですよね。

宮川選手自身が速水コーチを求めているのであれば、それはもう速水コーチがベストだと思うのですが、なぜ自分の方が上手く教えられるとわざわざ言うのでしょうか。

 

 

管理人の所感

日大のアメフトパワハラ問題を思い出されるような今回のパワハラ事件。

被害者はいつも純粋に協議に臨んでいる選手。そして加害者は汚い大人。

東京五輪までにしっかり膿を出してほしいところです。

 

 

↓↓↓こちらの記事も読まれています↓↓↓

【関連記事 【体操】速水佑斗コーチのパワハラ問題!宮川紗江選手の会見から見る真実とは?】

 

スポンサードリンク

 - スポーツ