【体操パワハラ】塚原夫妻、プレスリリースで宮川紗江選手に徹底反論!【まとめ】

   

体操パワハラ問題の渦中にいる、塚原夫妻が8月31日、書面(プレスリリース)で反論しました!

書面は5枚に渡ります。

 

宮川紗江選手の会見の内容について『ウソ』だと発言していた塚原光男氏。

今回の書面の内容を見ても、言葉は選んでいますが、結局ほとんどのことを反論している印象です。

 

その内容をまとめました!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

冒頭で謝罪するも、パワハラの内容については認めず!

完全反論!塚原夫妻が否定した部分【まとめ】

『速水コーチはダメ』と言った?

A.暴力はダメと言った。速水コーチ自体を否定したわけではない。

 

速水コーチより自分(塚原千恵子氏)の方が100倍育てられると言った?

A.最近の宮川選手の成績が不振だったから、速水コーチの元にいると成長しないことは伝えた。が、自分の方が育てられるとは言っていない。

 

宗教みたいね?という発言はあった?

A.暴力を振るわれたことを家族も知っているのに、それでも宮川選手の家族が速水コーチを求めているので、「宗教みたいね」といっただけ。

 

朝日生命体操クラブに勧誘しようとした?

A.一切勧誘は行っていない。

 

オリンピックに出られないと脅した?

A.「オリンピックに出られなくなるわよ」とは言ったが、あくまでも「今の成績だと難しい」という意味で言った。足首を怪我していることも踏まえて現状だと厳しいという意味で言った。

 

 

なんだか、あーいえばこーいうといういう印象ですね・・・。

そのようなつもりはなかったと言っても、実質的な権力を持っている大人二人に呼び出されて、個室でこのような内容を言われたら恐怖でしかないと思います・・・。

 

 

いかなる手を使ってでも自分たちを徹底弁護!

録音した内容を流す!そうすれば自分たちが『高圧的』でなかったことがわかるはず!

反論の文章の最後に驚きの文章があります。

『自分たちの録音音声を流せば、自分たちが高圧的ではないことがわかるはず』

一体どんな内容なのでしょうか。

そして、もしその音源が存在するとしても、それは塚原夫妻が選んでいる音源なのだから、当然高圧的ではないものを選んでいるはずですよね(笑)。

誰か別の人が選ぶのならまだしも・・・。あまり意味がない気がします。

ちなみにその内容は、塚原夫妻が宮川選手を合宿中に部屋に呼び出した時のものだという噂です。

(なぜ今まで出さなかったのか、なぜ録音していたのか疑問でしかありません)

 

もしかしたらここまで大きな問題になることを想定していたのか?

となると、塚原夫妻と宮川選手にはこの時点で信頼関係なんか皆無だったでしょうね・・・。

 

それよりも自分たちを守るのに必死なんだな~という感想を抱いてしまいますね・・・。

必死感が伝わってきます!!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

今後の進退については?

第三者委員会に委ねる(ほんとか?)

さて、気になるのは塚原夫妻の今後の進退についてです。

反論文の最後に記載があったようです。

『今後の進退については第三者委員会の判断にゆだねる』

『現時点では(夫妻の)会見は検討中。予定は追ってマスコミのみなさんに連絡します』

 

という内容でした。

これは、もう塚原夫妻が登場して質疑応答に応じないと収束しないような気がしますね・・・。

しかも早急に出てきた方が良い気がします。

 

 

管理人の所感

なんとも煮え切らない内容でした。

文面から、宮川選手に全面的に反論したい気持ちが伝わります。

そもそも、塚原光男さんは何故『(宮川選手の発言は)全部ウソ』と言ったのでしょう・・・。

これを見ると、どう考えても『全部ウソ』じゃないですよね・・・?

事実関係の詳細はまだわかっていませんが、塚原光男氏がすでに『ウソ』をついていたことは一つ確実となりましたね。

 

今後の第三者委員会の調査内容と、日本体操協会の対応に注目が集まりそうですね。

また新しい情報が出たら随時更新していきたいと思います!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 - スポーツ