元純烈・友井雄亮の現在!再就職先はホスト?業界から熱烈アプローチ中!

      2019/01/29

芸能界だけでなく世間も震撼させた紅白歌合戦出場歌手、純烈の元メンバーの友井雄亮さん。

過去の交際女性に対してのDVに始まり、3000万円にも及ぶ多額貯金の使い込みなど、さまざまな過去が浮き彫りになりました。

友井雄亮はすぐさま会見を行い脱退。残りのメンバーは友井雄亮抜きで新たに『純烈』としての活動を再開させました。

純烈が新たな歩みを始めた今日この頃、気になるのは純烈脱退&芸能界を引退した友井雄亮さんの今後です。

そんな中こんなうわさが流れて来ました!友井雄亮さんの次の就職先はなんとホスト?

このウワサの真相に迫ります!

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

友井雄亮プロフィール

(出典 東洋経済ONLINE

名前:友井雄亮

よみ:ともいゆうすけ

生年月日:1980年4月2日

出身:大阪府

 

 

 

ホストクラブからアプローチ?友井雄亮

すでに歌舞伎町のホストクラブ関係者が友井雄亮にアプローチ!

芸能界から追放された友井雄亮さん。

実はすでにある業種から熱烈なアプローチを受けているそうです。

まさかのホスト界!

しかも老舗のホストクラブ幹部が動く店舗もあれば、芸能活動をするようなホストを抱えている新興ホストクラブも勧誘しているとか!

なぜ友井雄亮はここまでアプローチを受けているのでしょうか!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

友井雄亮にはホストとしての潜在的才能があった!

他人の金を3000万円使いこむ才能!友井雄亮の「女性からお金を引き出す力」

女性からすると天敵となるのですが、見る方向を変えるとこれが才能になるんですね!

この女性の貯金3000万円の使い込みですが、考え方によれば、かなりすごいことですよね!

普通なかなか出しませんよ!

友井雄亮さんが強引に通帳と印鑑を盗んだわけではなく、あくまでも女性が手渡した・・・。

そう、この「女性からお金を引き出す力」にホスト関係者は注目しているというのです!

 

某芸能プロデューサーはこのようにも言っています。

「老舗ホストクラブのあるナンバーワンは、女性への暴力もあることで知られています。それでも女性のハートをつかんでいられるのは、一方で、優しく抱いたり、プレゼントしたりと、ケアも同じかそれ以上にできるから。誤解を恐れずに言えば、女性からお金を引き出す力というところはホストになれば使える。女性をなだめることを覚えれば、ナンバーワンか、それに近い成果を挙げることもできるかも知れない。ホスト業界からすると、そういう見方になるのです」

(引用 livedoorNEWS

 

ありえないんですけどね・・・!

女性からするとほんとありえないんですけど、でも実際このような男性にのめり込む女性が存在するのも事実。

 

しかも収入はゼロになったわけですしね・・・。

ここまで知名度が高いと一般的な仕事は難しそうですしね・・・(汗)!

 

 

純烈時代に培った歌やダンスで集客も可能!

友井雄亮さんの最大の武器はなんといっても芸能界在籍時に得た歌唱力&やっダンスパフォーマンスのスキルでしょう。

というのも、ホストクラブにはライブやダンスを目玉にしたいベントが多く、そのようなお店では友井雄亮さんはまさに引っ張りだこでしょうね!

純烈時代の活動だけでなく、実はジャニーズJr.にも所属していたという友井雄亮さん(しかも嵐の大野智さんと同期)。鍛え上げられたステージパフォーマンス力に加えて、甘いマスク、そして天性の女性を口説く技術・・・。

これは本当にナンバー1になれるかもしれませんね!

 

 

 

 

友井雄亮には離婚した元妻への養育費の支払いもあり・・・

これは働く理由になるのですが、

実は友井雄亮さんは離婚した元妻への養育費の支払いがあります。

ただでさえ無職になって生活するだっけでも厳しいのに・・・それに加えて養育費・・・。こうなると普通の会社員程度の給料ではとてもじゃないですが生きていけません。

そのような点からも今後友井雄亮さんがホストクラブという道を進む確率はかなり高いかと思います。

 

 

 

管理人の所感

過去に友井雄亮さんが行った行為はとても許されることではありません。

ホストクラブに勤めるにしろ、ほかの業種に就くにしろ、くれぐれも過去の過ちを繰り返さないようにだけは気をつけて欲しいと思います。

また、友井雄亮さんのDV問題発覚後も友井雄亮さんのファンは今でも純烈への復帰を熱望しているといいます。

そういう人が友井雄亮さんの勤めるホストクラブに通ったら・・・と考えるとやはりおそろしいですね!

友井雄亮さんには強い心をもって人生を歩んでいただきたいと思います。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 - エンタメ